旅行中の持ち物が盗難にあったら

旅行中の持ち物が盗難にあったら

補償されるケースとされないケース

旅行中、身の回りのものが盗まれてしまったとき、それが保険で補償されるかどうかにも一定の決まりがあります。次のようなケースは補償の対象にならないので、覚えておく必要があります。空港やレストランなどに持ち物を「置き忘れ」た場合、これは“盗難”ではないので、補償対象になりません。また、持ち物を「紛失」した場合も補償の対象ではありません。現金や預金通帳、トラベラーズチェックなどの有価証券、コンタクトレンズなども対象外です。

保険金の請求に必要になるものは?

受け取ることができる保険金は、盗難にあったものの時価が限度額となります。このため、次のような書類が保険金請求に必要になります。

  • ・盗難証明書
  • ・購入日と価格がわかる領収書や保証書など

これに、保険契約証と保険金請求書を加えて、保険会社に保険金の請求を行います。

旅行中の持ち物が盗難にあったら

素早く連絡をとる

街中でカバンなどを盗まれた場合、なにが入っていたか(なにを盗られたか)をすぐに確認しましょう。特にクレジットカードやトラベラーズチェック(TC) の盗難の場合は、悪用されるのを防ぐために一刻も早く、カード会社やTCの発行銀行に連絡することが大切です(注:クレジットカードやTCの盗難は海外旅行保険での補償対象ではありません)。

現地の警察に届け出る

警察署に届け出て、盗難証明書を発行してもらいます。ここでは次のようなことを伝えます。

  • ・盗まれたものとそのおおよその金額
  • ・日時
  • ・場所
  • ・現地での連絡先(発見されたときの連絡用に)

また、航空機に預けておいたスーツケースなどが盗難にあった場合は、航空会社にかけ合って、かならず事故証明書をもらうようにしましょう。

15-T10979(2016年4月作成)

その他の「海外旅行保険 事故対応マニュアル」

ページトップヘ