キャッシュレス・メディカル・サービス

キャッシュレス・メディカル・サービス

海外旅行保険の被保険者が海外旅行中にケガをしたり病気になったときに、保険会社が提携している医療機関で保険証券(保険契約証)のご提示により、キャッシュレスで治療を受けられるサービスがあり、「キャッシュレス・メディカル・サービス」と呼ばれます。保険会社が医療機関と提携して行っているサービスで、診察費や入院費などは保険会社から医療機関に直接支払われるため、海外旅行中でも安心して病院にかかることができます。保険会社によって提携している医療機関が異なるため、利用できる場所や内容に違いがあるので注意が必要です。なかには日本語が話せるスタッフのいるところもあります。

※サービス内容は予告なく変更される場合があります。
(注)治療費用について保険金をお支払いできる場合にご利用いただけます。

15-T10979(2016年4月作成)

その他の「海外旅行保険用語集」

ページトップヘ