旅行保険とはどんな保険?

旅行保険とはどんな保険?

海外旅行保険とは、旅行中の様々なトラブルに備える保険です。

旅行中のトラブルは、自宅を出て旅行に行き、再び自宅に戻るまでの間に起こるケガや急な病気、携行品の盗難などの持ち物の損害、他人や物に損害を与えてしまった場合の賠償など、様々なものがあります。旅行保険には、日本国内に旅行したときの損害などを補償する国内旅行保険と、日本国外へ旅行したときの損害などを補償する海外旅行保険の大きく2つがあります。

日本国内のトラブルに対応できる国内旅行保険

国内旅行保険は、日本国内への短期間の旅行中のケガ、携行品損害、個人賠償責任などを補償する保険です。国内といっても、電車や飛行機などに乗り、普段の暮らしとは異なる慣れない土地に行くことには変わりありませんので、転倒してケガをしたり、展示しているものを壊してしまったりというリスクがないとはいえません。

日常を離れて楽しむための旅行が、万一のケガなどの出費で十分に楽しめない旅行にならないように、国内旅行保険で備えましょう。

海外旅行中の盗難などの補償は海外旅行保険

海外旅行保険は、日本国外への旅行中の、ケガや病気、携行品の盗難や破損、損害賠償などを補償する保険です。

海外旅行先では、水や食事があわずに体調をくずしたり、時差の違いから眠れずに風邪をこじらせたりすることも考えられます。ケガや病気で緊急な治療が必要となった場合、日本国内であれば救急車をお願いしても無料で出動してもらえますが、日本国外の国や地域では、救急車はほとんどが有料であり、医療費も日本での治療より高額となってきます。

また、携行品の盗難にあうリスクも国内より高まることも考えられますので、旅行に出発する前には、海外旅行保険への加入を検討しておきましょう。

なお、海外旅行保険の補償期間は数日から数か月程度の期間の保険が多く、留学やワーキングホリディ、海外赴任などで長期間海外に滞在する場合には、海外旅行保険で補償される期間を超過することがありますので、海外旅行保険ではなく、長期滞在に適した保険に加入することになります。詳しい内容は保険代理店に確認しておきましょう。

※留学、ワーキングホリディ、駐在、出張で6ヶ月までであればインターネット契約が可能な保険会社もあります。

旅行保険への加入は旅行代理店だけはありません

国内旅行や海外旅行を申し込むときに、旅行会社や旅行代理店で旅行保険の加入を勧められることがあります。
旅行保険は、旅行会社や旅行代理店ではなく、保険会社や保険代理店で加入することができる保険です。保険料は、海外旅行先や旅行期間、補償の内容、保険会社等によって異なりますので、旅行前に保険代理店で旅行保険の比較検討をして、保険に加入してから旅行に行きましょう。

16-T21916(2017年2月作成)

その他の「海外旅行保険の選び方」

ページトップヘ