ハンググライダー搭乗の体験飛行でケガをした場合の治療費は?

ハンググライダー搭乗の体験飛行でケガをした場合の治療費は?

海外旅行中にハンググライダー搭乗の体験飛行をしてケガをしてしまいました。治療費は海外旅行保険で補償されるでしょうか?

ハンググライダー搭乗などの危険なスポーツでは、ケガをするリスクが高くなるため、公平性の観点から、通常の海外旅行保険と比べて保険料が割り増しとなります。旅行先でハンググライダー搭乗をする予定がある場合には、事前に保険会社に相談して、所定の割増保険料を支払っておく必要があります。割増保険料を支払っていない場合では、支払われる保険金額が削減されたり、保険金をお支払いできないことがありますので、必ず保険加入時に相談しておきましょう。

割増保険料の対象となる危険なスポーツとして指定されているものとしては、ピッケルなどの登山用具を使用したり、岩登りをするなどの本格的な山岳登はん、スカイダイビングなどがあり、割増保険料を支払っていない場合には保険金が削減されて支払われます。

なお、自動車、モーターボート、ゴーカート、スノーモービルによる競技を行なうような場合は、さらに危険が大きくなりますので、事前に割増保険料を支払っていない場合には、保険金が全く支払われないこととなっています。

このように、スポーツの種類によって、海外旅行保険の取り扱いが変わります。旅行先でのスポーツの予定がある場合には、加入時に相談しておくことが必要です。

※引受保険会社によって対応が異なりますので、詳細は各保険会社の「パンフレット」「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり」等をご確認ください。

16-T21916(2017年2月作成)

ページトップヘ